キャッシングを一度使いはじめると怖いと思った。

最初は仕事のストレスから逃避するために、飲みに出かけたり、買い物したりすることが増えていきました。そのうち毎月の給料では足りなくなってきたので、買い物をカードで支払いするようになりました。
あるとき、カードの引き落とし日にどうしても口座の残高が足らなくなってしまうことに気づきました。銀行員をしていますので、カードの引落しが出来ないとどういうことになるのかはよく知っていましたから、どうしてもそれを回避しなければならないと思い、クレジットカードに付いているキャッシングをして何とか乗り切りました。
しかし、そんな応急処置では当然次の月の引き落とし日に足らなくなることは目に見えています。それからは、毎月、キャッシングをシては返済、返済をシてはキャッシングの繰り返しでした。
そんなことを繰り返しているもんですから、あっという間に持っていた2枚のカードの枠がいっぱいになってしまい、これではいけないとそこでやっと気付き、実家の親に正直に事情を説明し借金を無利子で肩代わりしてもらいました。

複数の借り入れをまとめて返済→おまとめローン比較

自転車操業をしていたあの当時は、キャッシングやカードローンの利用枠があると、自分の貯金だという感覚になっていました。ATMですぐにおろせるので、口座に残高が有るよう錯覚に陥っていたように思います。
安易に一度手を出すと、止まらなくなってしまうと思います。どうしても借りなければいけない状況の時もあるでしょうが、その時は必ずすぐに返済をし、継続的に借りることだけは絶対にしてはいけないと強く思います。

先が見えない時のキャッシングは?

急な入用というのは誰にでも出てくるものです。毎日をギリギリの生活で暮らしている先が見えない状態で、急な入用が出てきたときには、親族や友達に借りるよりもキャッシングを利用することをおすすめします。
なぜなら、ギリギリで先が見えないところから借りるお金は、返済の目処がなかなかたちません。親族や友人も「返してくれるから貸そう」という思いで貸すことになるのでしょうが、返せる見込みがない場合には、結局はキャッシングを利用せざるを得ないのです。

キャッシング会社は別にいざ自己破産や消滅時効となって返済ができなくなっても、社員さんたちが淡々と未収債権から除外して、貸倒れ償却や、信用情報機関の登録作業といった事務処理をするだけです。払えなかったからといって、嫌がらせなどはできるはずもなく、担当者とあなたとの間で個人的な感情を持つことはあっても対外的には何も失うものはありません。
これに対して親族や友人からの借入は、時効期間が10年と長いことや、払えないとなると、関係を失ってしまいます。名誉棄損罪があるとはいえ、お金を返してもらえなかったことは、友達づたいに別の友だちにも伝わることでしょう。
お金に困った時には基本的にはキャッシング会社を利用しましょう。

参考:おまとめローンガイドで返済計画

色々な金融機関が提供している

あちこちの消費者金融からお金を借りると返済がかさんで家計を圧迫しますが、おまとめローンにすることで、借金を一本化できるのでメリットは大きいです。
例えば、支払い期間を長くすることで月々の返済額が減るので生活に余裕ができます。支払日も一日にまとまるので管理がしやすくなるでしょう。ただ、支払い期間を延ばすことで総返済額が増えることもあるので、申し込みの際は、しっかりと確認することが必要です。
おまとめローンは、銀行、クレジット信販会社、消費者金融など各金融機関が提供しています。審査が厳しいところ、スピーディなところ、低金利なところ、不動産を担保にするところなど、それぞれの金融機関ごとに特長が異なるので、自分に合うサービスを探すことが大切です。

おまとめローンの審査について

多重債務などの借金地獄に陥ってしまった人は、頼みの綱としておまとめローンに申込む人が多いです。
とはいっても、おまとめローンにも審査があるため、誰でもOKというわけではありません。おまとめローンは、どちらかというと、借入件数に対しては甘い傾向にあります。複数の借入を一本化する商品なのですから、当たり前ともいえます。しかし、借入件数を全く問わないというわけではないので、審査に通りたいのなら借入件数は5件程度に留めるのがベストです。
逆に審査が厳しい点は、収入に関してです。一般の借入は、収入は自己申告で済みますが、おまとめローンの場合は、納税証明書や確定申告などの公的な証明が必要になります。返済能力も強く重視されるので、勤続年数が1年未満だと審査に落ちる可能性が大です。
一般の借入れの審査と比較すると、甘い点厳しい点などの違いが分かります。審査に通るためには、こういったことを事前に知っておくことが大切です。

銀行のおまとめローンがおすすめ

複数の借金があると、返済日も多くなり利息負担も大きくなってしまいます。そうした負担を減らす為に利用されるのがおまとめローンですが、おまとめローンを利用する際には消費者金融ではなく銀行を利用した方が良いかもしれません。というのも、消費者金融にもおまとめローン対応商品は多数ありますが銀行と比較するとどうしても金利が高くなってしまう場合が多いからです。せっかく借金をまとめても、以前よりも金利の負担が大きくなってしまっては意味がありません。そこでより低金利でお金を貸してくれる銀行を利用した方が、おまとめローンによるメリットを大きくすることができるのです。銀行の融資を受けるには厳しい審査が待っていると思われがちですが、おまとめローン商品であれば複数の借り入れがあっても審査に通過しやすいと言えます。まずは銀行のおまとめローンを調べてみましょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借入れを一本化して、一つの借金にしてしまう方法です。
借金を一つにまとめることで、自転車操業のような借金地獄の状態から抜け出すことができ、借金返済のメドがたちます。おまとめローンのメリットの一つが金利です。一般の借入れよりも金利が低めに設定されているため、おまとめローンにすることで、月々の返済額が少なくなり負担が軽くなります。

また、これまでは返済日もバラバラ、会社もバラバラといったように、会社別に対応しなくてはいけなかったので、何度もATMに足を運ぶ必要がありましたが、債権者が一社となれば、そういった手間を省くことができること、同時にお金の管理もしやすくなるというメリット出てきます。金銭的にも対応にしても、確実に返済が楽になることは間違いありません。

おまとめローンの注意点

複数の会社から借金を抱えている人は、おまとめローンで借金を一本化することによって、返済が楽になり借金地獄から抜け出せると言われています。だったら、おまとめローンにしてしまった方が良しと思ってしまいますが、おまとめローンを考えるのなら、注意しなくてはいけないこともあります。その一つが、やたらとおまとめローンを勧めてくる会社です。一本化を勧めてくる会社というのは詐欺まがいの怪しい会社が多いです。複数の会社に手を出し多重債務に陥っているような人には、この手の業者が甘い言葉で近づいて、借り換えを持ちかけてきます。中には多額の手数料をとったり、紹介料などをとる業者もいるので、騙されないように注意する必要があります。
おまとめローンをする場合、不利な内容になっていないか、しっかり契約内容などをチェックすることが大切です。

おまとめローンで借金を1つにしましょう

毎月複数の借入先へ借金を返済していて、ツライと感じたことはないでしょうか。1社への返済でも大変なのに、それが複数であると、そのたびに口座残高の確認をしなければいけないですし、毎月の利息もばかにならないものです。
それに毎月それぞれの返済日と返済先が違うため、覚えておくことが大変だということもあるでしょうし、もしかしたら、うっかりして忘れてしまうことだってあるかもしれません。そういう苦痛や失敗を防ぐために、おまとめローンというサービスを利用してみてはいかがでしょう。
これは複数ある借金を1つにまとめてくれるものです。
そうすると、月に何回もあった返済日を1つにすることが可能ですし、借入先に返済しなければいけなかった利息も1つになるというメリットもあります。特徴を把握したうえで、便利に利用していきたいものです。

最高800万円まで融資可能なオリックス銀行カードローンの審査に通るための豆知識

オリックス銀行のカードローンを申し込む場合は、まずホームページを開きカードローン申込みフォームをクリックします。
ここで規定などをきちんと読み確認をして、チェックボックスに印をつけた後、必要事項を入力していきます。
この時に必要事項の入力間違いがあると、最初からやり直しになってしまいます。
間違えてしまうと手続きに時間がかかることも想定されますので、入力間違いには十分に気をつけましょう。
最短即日での受け取り希望の場合は審査結果の連絡が来るはずなので、きちんと連絡が届くように周辺環境を整えておいた方が良いと思います。また、本人確認や融資確認なども同時に行われるはずです。
融資の確認で不備が無ければ、借入に使用するローンカードと契約書類が送付されてきます。
手元にローンカードが届いた時点で借入することが出来ますが、借りたお金は必ず返さなければいけないので金利が低いからと言って無計画な借入は控えたほうが良いと思います。
現在は昔と違い、インターネットで手続きをすることが出来る便利な時代になりました。昔は本人確認をするために来店が必須だったのですが、現在は本人確認の書類も画像を添付して完了することが出来るなど便利な環境は整っています。店頭窓口などでの融資の申し込みに抵抗がある人でも、利用しやすいと思います。

オリックス銀行のカードローンの手続きは、初心者でもわかりやすくできるようにナビゲートシステムがありますので安心して手続きをすることが出来るでしょう。
申込みするときは本人確認書類が必要となりますが、携帯電話やデジタルカメラなどで写真を撮ってパソコンに取り込み画像を添付して送れば大丈夫です。
オンライン上で手続きが完了するので、時間に融通がききやすい所もメリットではないかと思います。オリックス銀行のカードローンだと、希望額が百万以下の場合は所得証明を必要としていません。ですから、百万以内の金額であれば本人確認の書類が一通あれば十分なのです。

人気が高まっている理由

以前は銀行からお金を借りるには審査が厳しいという理由から敬遠する方が多かったものです。ところが最近銀行のカードローンの人気がとても高くなっているのです。これにはいくつかの理由があります。
まずは銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が安いということが挙げられます。また、以前と比べても銀行からお金を借りる場合でも審査にかかる時間が短くなっているというのも、銀行カードローンの人気が高まっている理由の一つです。
そして、高額の融資を受けたい方が銀行カードローンを利用する傾向が強くなっているという事情も挙げられます。
現在の消費者金融では年収によって借りられる上限金額が決められてしまい、その金額以上は借りることができません。しかし銀行の場合は年収によって借り入れ額を限定されることがありません。そのため、年収に関わらず大きな金額を借りたい方が、銀行カードローンを利用するようになっているのです。

<h3>やはり有利な銀行系カードローン</h3>
キャッシング比較サイトなどで比べてみればすぐわかると思いますが、銀行系カードローンは、消費者金融系やクレジット会社系でキャッシングするよりずっと有利です。たとえば三菱東京UFJ系のバンクイックでは、最高金利は14.6%。消費者金融系などは18%程度までがほとんどですから、これだけでも断然有利になります。たとえば、100万円を1年借りたときの金利差は、34000円にもなります。 そして、重要なのは、銀行系は貸金業法の総量規制の対象外ですから、あなたの年収の3分の1以上の貸付を認めてくれる可能性があるということです。ですから、日常はもちろん、おまとめローンなどを検討する際も、まずは銀行系にあたってみることが賢い方法でしょう。
銀行系は月々の最低返済額も少額で済むことが多いので、余裕を持って返済できることも強みです。

金利は貸出枠で決まる

一般的な概念として、ローンやキャッシングしたお金は借りだした額に対して金利が設定されると考えられていると言っていいでしょう。
30万円キャッシングしたのなら年利が18%程度、銀行の場合は14.5%を上下するあたり。だから銀行の方がお得だと考える人が多いのです。
とろころが銀行ローンは、一般に考えられているよりも更にお得な内容になっています。金利は借りた額ではなく貸出枠によって固定されているのです。
たとえば三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」の場合、50万円までの貸し出しコースなら年利が14.6%ところが貸出枠コースが50万円を超え100万円以下に設定される場合は12.6%になります。50万円以上借りたら12.6%になるのではありません。30万円借りるだけでも12.6%の金利で済むのです。
したがって、年収が多いことが条件になりますが貸出枠が500万円以下のコースの契約を結んでいる場合には、10万円借りても、30万円借りても、金利は500万円以下コースに決められた年4.6%のみ。
貸金業者の多くが18%近くの金利を取ることを考えれば、銀行ローンが以下にお得な借金方法かがご理解いただけるはずです。

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンの一番のメリットは、消費者金融と比べて低利率で融資が受けられることです。
その中でも楽天銀行のカードローンの年率は、下限が4.9%、上限が14.5%となっています。この利率は様々な銀行のカードローンの中でもかなり低いものとなっています。また2013年1月より限度額200万円まで収入証明書の提出が原則不要になりました。
また入会で1000ポイントがもらえたり、おまとめ借りかえとしても利用可能、またネットだけでなくコンビニATMでの利用も可能です。
申し込みの方法は、こちらから申し込みをするとすぐにローン審査を開始し、勤務先への在籍確認の電話があったのち、必要書類を提出します。この際郵送だけでなく、証明書類送付アプリですぐに提出することも可能です。そしてスーパーローンカードが発行されるので、借入者は口座振替依頼書を返送します。このような流れで最短即日の融資も可能だそうです。

手軽に使えて便利!

私のメインバンクの総合口座、最近知ったのですが、カードローン機能がついていました。『ローン』というと、何となく後ろめたいような良いイメージがなかったので、絶対に手を付けないでおこう、と決めていたのですが先日、ついに初カードローンを体験してしまいました。
夫の出張中、息子が数日、入院をしなければならなくなりました。急な出来事だったので、入院費のことを考える余裕もありませんでした。順調に回復し、明日退院となった日の夜に看護師さんから明細書をもらい、ハッとしました。給与口座のカードは夫が持っていて、1週間先まで帰ってこない。明日の朝一に支払うのに、窓口に印鑑と通帳を持って行く時間もない。もちろん、手持ちもない。
で、思い出したのがあのカードローン。これなら、病院の隣のコンビニでも用立てができます。その晩、子供が寝入ったのを見計らって、コンビニへダッシュ。無事、入院費用分、借りることができ、翌朝、一番で退院できました。便利な機能がついていて、本当に助かりました。